仰天ニュースで扇風機おばさんが!キャロルブライアンってどんな人?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日4月18日の仰天ニュース。

過去にも取り上げられた扇風機おばさん。

アメリカのフロリダにもいた!!

という内容。

扇風機おばさんと言えば韓国のヘギョンさん。

同じく仰天ニュースで取り上げられ、日本のメディアの援助もあって現在は小さい顔に戻っています。

さて、今日の仰天ニュースでの扇風機おばさん。

どのような方でしょうか。

関連記事です。

キャロルブライアンの現在。美容整形フィラー注入法で激変!?

仰天ニュースの扇風機おばさん。現在は?(アメリカ)4月18日

仰天ニュースの扇風機おばさん。フィラー注入とは?


スポンサーリンク


 

アメリカの扇風機おばさん「キャロルブライアン」

4月18日の仰天ニュースで取り上げられる、アメリカのフロリダにいるという扇風機おばさん。

名前は

 

キャロルブライアン

 

という方です。

キャロルブライアンさんは、50代の女性。

世の中の女性となんら変わらず、美への関心が高い方だったようです。

キャロルブライアンさんは元々はこんな方でした。


キャロルブライアンさんがなぜ扇風機おばさんに?

キャロルブライアンさんは、30代の頃から美への関心が高く美容整形も何度か行っていたそうです。

 

「ここも治したい」

 

「ここをこうしたい」

 

一度美容整形を経験するとこう考えてしまうのは必然的なのかもしれません。

 

女性がいつまでも美しくありたいと願うのは当たり前でしょうし。

ただし、それはしっかりとした美容整形クリニックに施術してもらうことが前提。

 

仰天ニュースで新たに「扇風機おばさん」と称されたアメリカのキャロルブライアンさん。

 

2009年にしわを隠すために行った「フィラー注入」で人生が変わってしまったそうです。

 

美容整形法のフィラー注入はアメリカでは、市民にも人気があるそうで、毎年1,500万人がボトックス注入や豊胸手術をしているとのこと。

 

ところが、キャロルブライアンさんが施術した美容整形では、使用できないはずのシリコンを、他の成分と混合したものを注入器に入れて施術されてしまいます。

 

その後副作用で、顔面は膨張し、額部分の皮膚が瞼を覆うほど垂れ下がってし舞いました。

当時の画像がこちら。


韓国の扇風機おばさんのケースとまではいかなくても、やはり元の顔とは全く別の顔になってしまっています。

キャロルブライアンは美を追求するあまり、副作用により顔が激変。

故に、今回の仰天ニュースで扇風機おばさんと表現されることになってしまったわけです。


スポンサーリンク


まとめ

4月18日の仰天ニュースで取り上げられる、アメリカの扇風機おばさんこと、「キャロルブライアンさん」。

 

実際のケースは韓国の扇風機おばさんとは違ってはいるものの、美を追求するあまり顔が激変してしまった、という点で扇風機おばさんと表現されることになってしまったようです。

 

現在では、手術も無事終わり、元の顔ではないにしろ良好な生活を送られているようです。

 

楽天でこんな商品もあるので、継続するだけでも違うような気がしますけどどうなんでしょうね。。

新型発売!美顔器ララルーチュ 最新モデル『レジーナ』|EMS機能 ゲルマローラー 高周波 エステ|杉本彩 開発&プロデュース ララルーチュレジーナ|杉本彩 公式サイト|美容家電|エイジングケア|しわのケア|たるみケア|ほうれい線ケア|リフトアップ

 

女性の性とはいえ考えさせられますね。。
最後までありがとうございました。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連

コメントを残す

*

CAPTCHA