チェーンソーの目立ての方法。初心者の自分がやってみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

林業初心者です。

正確にいうと

「造林業」

なので、作業は植え付け、下刈り、間伐、除伐などなど林業作業全般を行っています。体力仕事ですが、同じ頭を使うにしても、デスクワークとは違う使い方なのでストレスフリーなんですね。

不定期で林業のことを更新しています。

今回はチェーンソー初心者の自分が目立てに毎日四苦八苦していますので、その模様をお伝えしますww

チェーンソーの目立て。初心者の自分がやってみる

さて、毎日の様にチェーンソーを使っていると、当然切れ味が悪くなるわけで。

今は、風倒木の整理をしているので、地面の土や抜根の土をかんでしまうこともしばしば。

すると一発で切れなくなります。はい。

となれば必然的にチェーンソーの目立てをすることになりますが、これがなかなか。。。

先輩方は、目立ての目安となる道具は一切使用せずに行っています。

自分もああなりたいと思う今日このごろです。

ということで、初心者が行うチェーンソーの目立ての方法についてです。

あくまで、自分の場合です。

チェーンソーの目立て。初心者の自分がやってみる

目立てに使用するものは・・

ヤスリ!

サイズにあったものを使用するのは言うまでもありません。

で、自分が教わったことは・・

  • あまり力を入れずに
  • 左右上下にブレずに
  • すべての歯を同じ回数研ぐ
  • 回数こなしてなれるしか無い

これだけです^^;

ちなみに、目立てに使っているのは、ヤスリと

これ。

この手の道具は多数販売されていますが、色々使ってみてこれが一番使いやすいとのことでこちらを使用しています。

使い始めは当てるのに向きがあるので、なれるまではちょっと悩みますが、慣れてしまえば簡単です。

マークがついていますが、この印とチェーンの進行方向が平行になるように当てれば良いだけなんですね。

あとは、ヤスリをあてて、前後についているローラーが同時に回転するように

サ~

っと研ぐだけです!

・・・

でも、なかなかうまくいかないんですね。

チェーンソーの目立てがいまいちだと?

チェーンソーの切り屑をみるとわかりますが、これが理想の目立てができているときの切り屑。

目立てがうまくできていないと、これが細かく、ひどい場合は粉状になります。

それ以前に、チェーンソーの歯の進み具合でわかりますね。

それから、歯の高さや、バラバラの研ぎ具合だとチェーンソー自体の振動を大きくなります。

とはいえ、何度も研ぎ直していては作業効率が更に悪くなるので、それなりにしていますが。。。

 

難しいもんです。

 

さて、明日も研ぎ直して理想の目立てができるようになる!

1日じゃ無理ですけど^^;

日々進歩です。

あ、そういえばデプス落としてないな・・・

デプスゲージに関してはまた後日。

では、安全第一で作業します~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連

コメントを残す

*

CAPTCHA