IHコンロの台をDIYで作った。制作費数百円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

壊れたらバラせ!無いなら作れ!がモットーなので、今回のDIYは

IHコンロの台

をちゃちゃっと作りました。

材料費は、ざっくりですが800円くらいです。制作時間にして15分くらいなので、それなりのクオリティです^^;


スポンサーリンク



IHコンロの台をDIY制作することになった。

と、いうことで。

人生色々で、先月から一軒家の貸家に入居していまして、その前も同様に一軒家の貸家だったんですね。これまではプロパンガス。

で、今回引っ越した先が、よくあるパターンで、ガスコンロを置くスペースのみがある状態。

と。

運良くそのスペースのすぐ脇に二口の電気差込口があるじゃあありませんか。

家、家族5人ですが、長男もそろそろ家族とのお出かけが減ってくる年頃なので、必然的に一人で自宅にいることも多くなるわけで。

そんなこんなで、直火を使うよりは安全だし、安心ということもあり、IHコンロを購入する運びとなったわけです。運良く電気差込口もあったので。

とはいえ、実際IHコンロを購入して設置したまでは良かったんですが(置くだけですけどね)、嫁から

「低い」

というご指摘。

実際、IHコンロの前に立ってみると・・

「確かに低い」

なので、必然的に高さを確保する台が必要になったんですね。

IHコンロの台を自作するのに使ったもの。

 

前置きが長くなりましたが、IHコンロを作るのに使用したものをまとめると

工具類

  • インパクトドライバー
  • ドリルビット
  • ドライバービット
  • 木ビス
  • のこぎり
  • 紙やすり

材料

 

です。だいぶざっくりしてすみません^^;

要は、すのこをIHコンロを置くスペースに収まる程度に両脇をカットして、その下に2×4材で高さを確保するだけのシンプル構造です。

とはいえ、IHコンロの下にスペースができ、フライパンを置いたりできるので結果オーライでした。わーい。

IHコンロの台をDIYしてみた。

結論から言うと、作業をちゃちゃっとやってしまったので、作業途中の写真はありませんwww

結果こんな感じになりました。

上から。台の下にフライパンが収まります。

IHコンロをおいた状態。

水平方向から。

という感じです。

市販されているこの手のすのこは、横板が薄いのであまり重量物は載せられ無いようです。そもそも使い方が違うので文句は言えませんが。

なので、3本足をつけました。

この方法だと・・

  • すのこの両端をのこぎりで、良さげな幅に切る
  • 2×材をのこぎりで、すのこの奥行き程度に切る
  • ビスで止める

だけなので、チョー簡単なんです。欲を言うと・・・

  • ビス止め前に、ドリルビットで下穴を開ける(板が割れにくいです)
  • のこぎりで切った部分にヤスリをかける

ができれば、良いと思います。やらなくても大丈夫ですけど。


スポンサーリンク



ちなみにIHコンロの台っていくら?

余談ですが、IHコンロの台っていくらなんでしょうね。

何するにしてもなければ、とりあえず作ることを連想する思考回路なので、そもそもはじめは買う選択肢がないので、興味本位の話ですけど^^;

で、調べてみると・・

2口ihコンロ 脚付 IHK-W1S-B 送料無料 アイリスオーヤマ 2口ihクッキングヒーター ihコンロ ihクッキングヒーター ih卓上調理器 卓上ih 工事不要 簡単取付 2口タイプ 二口 ブラック フラット お手入れ簡単 卓上 セット おしゃれ あす楽対応

値段はそれこそピンきりですが、お高いですね^^;見た目はおしゃれなんですけどね。作ってよかった~

まとめ

以上、IHコンロ台のDIY制作についてでした。

ありがとうございました。

関連記事

こちらの記事もいかがですか?

ihの焦げの落とし方。アルミホイルが一押しの3つ理由。

IHにカバーは必要?キッチンにある「アレ」で代用もできるゾ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連

コメントを残す

*

CAPTCHA