生ゴミの捨て方のアイディアをざっくり紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日主夫業をしていると、悩ましいのが生ゴミとの格闘。。

まして、夏の時期になれば匂いも気になるので、捨て方にもそれ相応のアイディアが必要になります。

家の場合、生ゴミの捨て方は市販のものを使用していますが(三角コーナーは使わない派です)その辺の紹介と、いろんなアイディアがあるので、まとめて見ます。


スポンサーリンク



生ゴミを捨て方に三角コーナーはやめたほうがいい

毎日料理をしていれば、必ず生ゴミは出ますよね。匂いが無いならまだしも、夏の時期は匂いも手伝ってできれば見て見なかったことにしたいところですけど。

子どもたちも、生ゴミを見ては、いやーな顔します^^;

と、一番手っ取り早いのは三角コーナーを買ってきて置いてしまえばそれで済むかもしれませんが、個人的にはやめたほうがいいかなーと。

なぜかといえば・・

場所を取るし、三角コーナーを洗う必要があるけどヌルヌルしてきてできれば触りたくないなどなど。簡単に準備できる反面、あまりいいことは正直思いつきませんね。

逆に、置かない場合、

  • シンクが広くなる
  • 洗う必要がない
  • 臭いが出づらい

などのメリットがあると思うわけです。とはいえ、お店に行けば必ず置いてあるので、全否定もできないんですけどね。

 

そんなこんなで、生ゴミの捨て方にもいろいろアイディアがあるようです。自分の生活スタイルに合わせて、やり方を決めていけばいいのかなーと思います。

では、行きます。


スポンサーリンク



生ゴミの捨て方のアイディア①~自宅にあるもの

そもそも、生ゴミとか捨てるものにお金をかけるのも、なんとも言えない気分になりますが、世の中の流れなので仕方ないのかもしれませんね。。

そんなときには、やはり自宅にあるものでできれば、コストもかからないのでおすすめの捨て方で有ることは確かです。

新聞紙

大前提として、新聞をとっているお宅、ということになりますけど。

新聞紙自体、まとめて資源ごみに出したりするので、ゴミの量も減り一石二鳥といったところでしょうか。チラシなんかでもよいですよね。

ビニール袋の中に新聞紙を入れて生ゴミを入れるとか、ゴミ箱を作って、捨てるのも方法の一つですね。

引用元:dinos.co.jp

このゴミ箱を大量に作って作っておくと、例えば、テーブルで子供たちが食べたお菓子のごみを入れてそのままポイできますし、年末によく食べる?落花生の殻いれにも使えるので、何かと便利です。

それから、魚をさばくときなんかは、あらかじめ新聞紙を広げて置いて、丸めてビニール袋に入れて縛ってしまうと、臭いも抑えられますね。

新聞紙はある意味最強かもしれません。残念ながら家ではとっていないのですが。。

紙パック

これも生ゴミを捨てる方法としては、秀逸な方法。

牛乳パックとか、ジュースのパックとかでも同じです。

中が「ろう」でコーティングされているので、防水性は抜群。

生ゴミをパックの中に入れて、蓋をして捨てればいいわけです。ただ、あまり大きいものが入りづらい、という点があります。

余談ですが、中がコーティングされているので、例えばゼリーを作ったりするときにも使えますよね。

家の母は、いつぞや餅を入れてましたww固まると、きれいに剥がれてくるのできれいにカットできると重宝していたようです。


スポンサーリンク



生ゴミの捨て方のアイディア②~買う

生ゴミの捨て方を考えたときに、市販のものと行ってもいろいろあるわけで。

 

コンポスト

これです。昔からあるやつ。

家庭菜園とかをされているお宅であれば、有効活用されている方も多いです。

とはいえ、そもそも、そんな敷地がない、というお宅では無縁のものになりますが。

 

生ゴミ処理機

それから、生ゴミ処理機。

生ゴミを入れて、中で温風乾燥するものです。臭いもあまり気になりませんし、除菌もできるので、多少お金をかけてでも・・・という方にはおすすめ。

消臭液を使う

で、ちょっと番外編のような感じになりますが、生ゴミ自体はしばらく置いておくものでもないので、その間臭いを抑えたいわけなので。

生ゴミにスプレーすれば、臭いを抑えることができる代物です。

排水口なんかにも使えるので、一本あっても良いです。こんなの↓

 


スポンサーリンク



生ごみの捨て方は家ではこれを使ってます。

ということで、いろいろ紹介しました。

で、そういうお前はどうしてるんだ?という話ですが、実は市販のものを使ってます^^;

かれこれ10年位使い続けてます。

はじめ、見つけたときはお試し感覚くらいだったんですが、いざ使ってみると、結構便利なので、そのままリピートし続けて現在に至ります。

こんなふうに使うんですが、使わないときは折り畳めるし、水分は無数に空けられた穴から抜けていくし、捨てる時も、ミミがついているので、そのまま結んでポイです。

 

がっつり便利です。で、金額的には・・・

 

袋だけなら一袋200円くらい。一袋40枚入ってます。

 

 

枠?は250円ほど。

とすると、1ヶ月200円であまるくらいなので、まあ、安いし、便利、というわけで、家では袋はまとめ買いです。

あわよくば、買い占めるくらいの勢いでww

まとめ

ということで、一部話がそれている部分もありますが、

生ゴミの捨て方として

  • 自宅にあるもの
  • 市販品
  • 家の場合

についてざっくり紹介してみました。

それぞれ、自宅にあるものと言っても、みな同じでは無いですし、買うにしても種類もいろいろです。

自分にあった方法が見つかる参考になれば幸いです。

ではでは。


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

関連

コメントを残す

*

CAPTCHA