大沼の団子を食らう。道南観光にきたら一度は食べてみたい。

観光

道南函館近郊の名所、大沼の団子の話です。

大沼に来たら、ここの団子はぜひ食べておきたい名物。

団子っていうと、普通は串刺しにしてあるものが普通ですが、大沼の団子ちょいと違います。

また、他と一風違った団子の由来も知ってなるほど。

これから、大沼団子を食べる方、はたまた食べたことがある方も参考にどうぞ。

  • 大沼団子の由来など
  • 店舗情報
  • 感想

などについて紹介しています。

スポンサーリンク

大沼の団子の由来は?

大沼の団子は、団子と聞いて連想する普通の団子とはちょっと違います。

まず

団子が小さい。

大沼団子の1個のサイズ。通常の団子よりも小さい。

そして、

入れ物(折)の配分が中途半端。

(真ん中で仕切られていない)

仕切りに関しては、気にしなければ気にならないかもしれませが、ちゃんと理由があるそうなんです。

団子に関しても然り。

まずはその辺の話をざっくりと。

大沼団子の由来

ということで、大沼団子の入れ物を見ると、仕切りがついてはいるものの、実に中途半端な位置で仕切られています。

これは、大沼と隣の小沼を模しているらしく。

地図で見るとこんな感じです。

大沼と小沼の位置・大きさ

大沼と小沼で大きさに差があり、このサイズ感を団子の折の仕切りで表しているとのこと。

また、団子は串に刺さってはおらず、小さ目の団子がそのままの状態で入っています。

これは、沼に浮かぶ島を表現しているんだそう。

ちなみに、島の数は126。

団子が126個あるかというと、そこまでは表現されてはいない(はず)ものの、大沼を模した団子ということがわかりますね。

スポンサーリンク

大沼団子ってどこに売ってる?店舗情報

ということで、団子の由来がわかったところで、店舗情報。

大沼の名物の団子は、「沼の家」でのみ購入できます。

アクセス

沼の家の場所はここ(googlemap)

駐車場は店舗脇に数台駐車できますが、観光シーズンは、人通りも多く車、バスも結構通過します。

なので、沼の家の裏に公共の駐車場があるので、そちらを利用したほうが無難です。

大沼の観光にもそのままいけますしね。

  • 沼の家
  • 住所:北海道亀田郡七飯町字大沼町145
  • 電話:0138-67-2104

営業時間

沼の家の営業時間は

8:30~18:00

ですが、売切れ次第閉店です。

作り置きなどはしていないそうで、その都度作っているからとのこと。

定休日は、年末年始の30日~1日。

スポンサーリンク

大沼団子の値段・カロリーなど。通販はある?

大沼団子の

  • 値段
  • カロリー
  • 賞味期限
  • 通販は?

です。

値段

沼の家で販売している大沼団子はサイズが2つ。

  • 小 390円
  • 大 650円

カロリー

カロリーは

100gあたり209kcal

賞味期限

大沼の団子の賞味期限は・・

その日限りの1日

です。

もちろん表示されていますし、団子を購入するときにも、今日中食べるよう説明があります。

とはいえ、賞味期限なので、一般的には「美味しく食べられる期限」。

なので、次の日でも食べられなくはありません。

が、実際に購入した次の日に食べたこともありますが、

固くなります。

美味しく食べるなら、その日のうちに食べきるのが一番です。

通販・お取り寄せはある?

と、ここまで紹介してなんとなくわかるかもしれませんが

大沼団子の通販・お取り寄せはありません

昔ながらの製法で作られていますし、日持ちさせようとすれば保存料などを使用することになりますし、そうなると味も変わってくるでしょうし。

大沼に足を運び、現地でしか購入できない大沼団子。

一度は食べてほしいです。

大沼団子を食う。感想

ということで、大沼団子を食べてみた感想など。

(何度も食べてるけども)

今回食べたのは、ごまと醤油。

大沼団子の一番の特徴は、団子一つ一つの大きさ。

小さい。うん。

これがいい。

なので、小さいお子さんや、年配の方も安心して食べることができます。

また、自分のように大量に食べたい!っていう人は、付属の串で何個か串刺しにしてたべることもできるし。

食べやすいです。

醤油は甘い味付けで子どもたちに食い尽くされます(笑)

ごまも、甘い味付けで、餡がたっぷりもられているので、一つずつ好みの量の餡をつけて食べることができるんです!

とにかく、子どもたちの手に渡るとあっという間です(笑)

ちなみに、甘党の自分の場合、一人で1パックいけます(笑)

2人、3人で1パックくらいが丁度いいのかもしれません。

ということでざっくりですが、団子の感想でした。

大沼の団子のまとめ

以上、北海道の道南、函館近郊の大沼の名物「大沼団子」について紹介しました。

紹介したとおり、現地でしか購入できませんが、それだけに一度は食べてほしいかなと。

大沼など道南の観光にお越しの際はぜひ。

では最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました