サントス~北海道限定缶コーヒー~ジョージアの話

北海道限定

北海道限定コーヒーって色々ありますが、ジョージアから発売の

サントスプレミアム

です。

個人的にはエメラルドマウンテンを好んで飲んでいたんですが、北海道にきてからはサントスを飲むことが多いです。

飲みやすいです!

スポンサーリンク

サントス~北海道限定缶コーヒーってどんなコーヒー?

北海道限定のサントスプレミアム。

販売元はジョージアです。

サントスの商品情報

商品名:ジョージア サントスプレミアム 北海道限定

32kcal/100g

100gあたり

  • エネルギー 32kcal
  • タンパク質 0.6g
  • 脂質 0.4g
  • 炭水化物 6.6g
  • ナトリウム 36mg

サイズはチビ缶と、185gの2種類。

スポンサーリンク

サントス~北海道限定コーヒーを飲んでみる

ということで、サントスコーヒー実際に飲んでみました。

普段エメマンを飲み続けていたんですが、

  • 苦味→控えめ
  • 甘さ→柔らかめ

要は、飲みやすいです。

さっぱりしています。

甘さも、甘々していなくて、スッキリした甘さなんですね。

で、その違いの理由は、砂糖。

サントスにはビート糖

砂糖の原料には

  • サトウキビ
  • ビート(甜菜)

の2種類があります。

サトウキビはご存知の通り、 鹿児島県の南西諸島や沖縄県などで栽培されています。

反対に、ビートについては、北海道で栽培されています。

北海道を走っていると、ちょいちょいビート畑を目にします。

見た目は、大根?カブ?のような感じ。

その根の部分が砂糖を作る原料になってます。

ビート、サトウキビ、どちらも同じ砂糖ではありますが、ビート糖の特徴として

  • 身体を温める効果がある
  • 未精製なものは、ミネラルなどの栄養が残っている
  • 腸内環境を整える天然のオリゴ糖が含まれている
  • 血糖値の上昇が緩やか(てんさい糖のGI値65に対して上白糖はGI値109)

という特徴があります。

オリゴ糖の甘味は薄いため、てんさい糖がさっぱりとした甘さと表現されます。

そのため、サントスの甘さはさっぱりとしているんですね。

感覚的な話ですが、割とエメマンとか口に残るんですが、サントスは後味もスッキリしていますね。

スポンサーリンク

サントス~北海道限定の販売情報

ということで、サントスの販売情報。

北海道限定なので、スーパー、自販機などについては道外では購入できません。

道外でサントスを購入する場合はネット通販になります。

好みがわかれますが、後味がスッキリしていますし、飲みやすさは一番です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました