セイコーマートの数量限定ソフトは見つけたら買うべし。

ソフトクリーム

北海道内に1000店舗以上を構えるコンビニ、「セイコーマート」で売ってるソフトクリームシリーズ。

おそらく一度は目にしたことが有る方も多いと思いますが。。

不定期で数量限定のソフトクリームが販売されているの知ってました?

いわゆる規格外の果物などが主役で、見た目は規格外でも味は変わらないので、廃棄するならソフトクリームにしようぜ!っていうシリーズなんです。

不定期なので、常に販売されているわけではないですし、また食べたい!と思っても今の所、再販している味は無いので見つけたら即買いしたほうが良いです。

ということで、セイコーマート数量限定のソフトクリームシリーズの話です。

スポンサーリンク

セイコーマートのソフトクリームの種類

セコマ数量限定のソフトクリームの前に、一通り通常販売しているソフトクリームに触れてみます。

セイコーマートのソフトクリームにはいくつか種類があって


よく見るパッケージ型の北海道牛乳ソフトシリーズ(120円)

  • チョコ味
  • イチゴ味
  • 牛乳味

この手のソフトクリームはスーパーとかではよく見かけますが、セイコーマートのやつはクリーム部分が長いので得した気分になります。

コーンは栗モナカ(わかります?)などに使われている、湿気を吸ってしなしなになるタイプですが、そもそも安いので贅沢言えませんね。

クリームがふわっとして食べやすく、口に入れるとすぐに溶けます。

もちろん美味しい。

続いて、北海道クリーミーソフトシリーズ(180円)

  • バニラ
  • チョコ&バニラ
  • 抹茶ソフト

少し値段が上がって、ワッフル系のコーン。

クリームも濃厚でうまい。

で、北海道メロンソフト(200円)

見た感じは、北海道クリーミーソフトシリーズと同じですが、このソフトクリームが誕生したのが2006年。

北海道といえばメロンの産地(全国2位。ちなみに一位は茨城県)でも有名ですが、生産量が多いだけに見た目で弾かれ、規格外として商品にならないメロンたちも多いそうで。

そんな規格外のメロンを廃棄せずに商品化できないか、と生産地とセイコーマートがタッグを組んで生まれたのが北海道メロンソフトなんだそうです。

メロンをジュースにしてからアイスに加工しているとのことで、たまに見るメロンのアイスとは一味違います。

と、セイコーマートのソフトクリームと言っても、いくつか種類があることがおわかりいただけたと思います。

スポンサーリンク

セイコーマートの数量限定ソフトクリームとは?

これ。

以前限定販売されていた、ブルーベリーソフトです。

予想以上にブルーベリーの味がしっかりして、酸味もあって美味しかったです。

もう一回食べたいです。

もちろんすでに販売終了しているので無理なんですけどね。

で。

先程、規格外として商品にならないメロンたちも多いという話に触れましたが、メロンに限った話ではなく、道産の他の食材でも同じ現象がおきます。

ということで、北海道メロンソフトと同じように、

規格外・売り物にならない食材をソフトクリームにして販売

しているのが、数量限定販売のソフトクリームというわけです。

「じゃあ、反響が良かったものは再販して、通常販売すればよいのでは?」

という話になりますが、数量限定としているのは、安定供給できるだけの量は発生していないから、なのかなーと。

メロンは生産量が多いので2006年から変わらず商品化できているのだと思います。

スポンサーリンク

セコマの数量限定ソフトシリーズ

そんなこんなで、見つけたら次はないかもしれないセイコーマートの数量限定ソフトクリーム。

冒頭写真のブルーベリーソフト以外にも、これまでいくつか販売されていました。

  • チョコミントソフト
  • 北海道チーズソフト
  • 北海道かぼちゃソフト
  • 北海道ハスカップ&バニラソフト

チーズ・・ハスカップ・・チョコミント・・・

どれも食べてみたいですよね。

でも販売終了しているので叶いません。

なので・・

セイコーマートで見慣れないソフトクリームを見つけたら限定販売なので即買いしましょう!

っていう話です。

見分けるポイントは、

ワッフル系のコーンで

「北海道(食材名)ソフト」の商品名

※メロンは除く

で!

ちなみに、現在(2020年1月)販売中の数量限定ソフトは

北海道いちごソフト(道内185円・道外の販売地域210円)

12万個限定とのこと。

見つけた方はぜひ!

では、また。

文献参考・画像引用元:セイコーマート

コメント

タイトルとURLをコピーしました